たまプラーザ どう矯正歯科の治療費

矯正歯科治療費

初診料    ¥3,000
精密検査・診断料    ¥38,000
矯正装置・管理料 乳歯列・混合歯列 (第一段階治療・早期治療) ¥300,000 
永久歯列 (第二段階治療・本格治療) ¥370,000 
永久歯列(本格治療) ¥670,000 
処置料 (月一回)    ¥5,000
観察料
ブラッシング指導
フッ素塗布料など
    無料
他医療機関への文書料     無料
外科矯正治療   全て保険適用  

※料金はすべて税抜きです

矯正歯科治療には乳歯列や混合歯列で治療する場合と永久歯列で治療する場合の2通りがあります。
混合歯列(第一段階治療)から永久歯列(第二段階治療)に移行する場合は、その差額を頂くこととなります。(最終的には永久歯列の費用67万円となります)
ただし、第1段階治療で終了する患者さんもいます。

その他の矯正歯科治療費について(参考まで)

基本的には矯正歯科治療は「自費診療」です。そのため、医院ごとに治療費の金額設定が異なるので、事前にしっかり調べましょう。東京周辺の代表的な私立大学歯科病院、国立大学歯科病院、矯正歯科専門の開業医の矯正治療の料金を一覧表にしましたので、ぜひ参考にしてください。

矯正歯科治療費比較表
  初診料 検査料 診断料 矯正治療料※
(本格治療)
調整料 備考
A大学 3,000円 50,000円 30,000円 600,000~
750,000円
5,000円 舌側矯正は
400,000円増し
B大学 5,000円 30,000円 25,000円 750,000~
800,000円
3,000円  
C大学 3,000円 60,000円 600,000~
700,000円
2,000円 セラミックでは数万円加算
定期検査料20,000円
国立大学 5,040円 80,430円 29,400円 550,000~
600,000円
6,300円 各装置を合計した金額
矯正歯科
専門医
2,000 ~
5,000円
40,000~70,000円 600,000~
800,000円
5,000円
前後
神奈川県の矯正歯科
開業医の目安

※ 矯正治療費は、本格治療においてマルチブラケット装置を使用する場合で計算しています。
(出典 : 『専門のお医者さんが語るQ&A 矯正歯科』 P.43)

医療費控除について

医療費控除について

皆さんは医療費控除についてご存知ですか? 医療費控除とは、所得税の確定申告をする際に、前年1年間(1月1日から12月31日の間)の家族の医療費が合計10万円(総所得が200万円以下の場合は総所得の5%)超えた場合、所得控除として申請できる制度です。本人はもちろん、同居しているご家族の方が支払った医療費も含まれるので、申告に必要な書類や領収書などは、大切に保管しておくことをおすすめします。

控除の対象となる医療費
  • 病院または歯科医院に支払った診療費や治療費、入院費
  • 治療のために病院で処方箋をもらった医薬品の代金
  • 通院・入院の際にかかった交通費(電車賃、バス代、タクシー代など)
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の施術の治療費
医療費控除に必要なもの(書類など)
  • 1.給与所得者の源泉徴収票の原本
  • 2.支払った医療費の領収証
  • 3.通院などにかかった交通費の領収証
  • 4.対象内で領収証を発行できない旨を記載した医療費控除の内訳書
  • 5.医療費を補填した生命保険の入院給付や医療保険の給付金額が明記された書類
  • 6.医療費控除の事項を記載した確定申告
  • 7.還付金の受取人の本人名義の口座番号
  • 8.印鑑
注意事項

医療費控除は費用の負担を軽減するための制度ですが、控除の対象にならないケースもあります。歯科医療であれば、美容目的以外の治療が医療費控除の対象となります。