「たまプラーザ どう矯正歯科」の矯正治療の流れ

「たまプラーザ どう矯正歯科」の矯正治療の流れ

矯正治療は、初診から歯を動かした後の保定まで、患者さんの年令や症状に応じて最適な治療が行われます。

【初診・相談】\3,000
歯並びと咬み合わせについて適切な開始時期や矯正費用の説明
【精密検査】¥38,000
口腔内写真、顔面写真、頭部X線規格写真(セファロ)、オルソパントモ写真、印象(歯の模型)など診断料も含む
【診断】¥0
治療方針、治療計画、治療期間、使用装置、矯正費用などの説明
そして患者さんや保護者の同意後、治療準備を行います
4歳~9歳が目安
乳歯列・混合歯列
(早期治療・第一段階治療)
1年~1年半
¥300,000

保定
1年

精密検査・再診断
¥20,000

永久歯列
(本格治療)
マルチブラケット装置
2~3年
¥370,000

保定
2年

10歳以降が目安
永久歯列
(本格治療)
マルチブラケット装置
2~3年
¥670,000

保定
2年

本格治療だけでは
改善不可能な場合
顎変形症
(外科矯正治療)
保険適用
  • 術前矯正
  • 外科手術(入院)
  • 術後矯正
    マルチブラケット装置
    2~3年

保定
2年

※料金はすべて税抜きです

矯正歯科治療には乳歯列や混合歯列で治療する場合と永久歯列で治療する場合の2通りがあります。混合歯列(第一段階治療)から永久歯列(第二段階治療)に移行する場合は、その差額を頂くこととなります。(最終的には永久歯列の費用(67万)となります)
ただし、第1段階治療で終了する患者さんもいます。

矯正治療費と医療費控除についてはこちら